有名私立中学受験生へのアドバイス

入学後の成功は「英語」で決まる!

有名私立中学受験を考えている方は多いと思います。

向学心のあるお子さんのためにその意欲に相応しい環境を与えてあげたいという親御さんのお気持ちはよく分かります。

しかし、見事受験に勝ち入学したにも関わらず、しばらくして「こんなはずじゃなかったのに…」という残念な状況を体験されることも少なくないのではないでしょうか。

愛媛県内の有名私立愛光中学・高校の生徒たちを中心に県内外の有名私立の生徒たちを「個人レッスン」を通じて何人も教えてきました。

その経験からみなさんに助言できることがあります。

新しい科目の英語は順応が難しい!

小学校の間から英語を学習するようになったとはいえ、実質的に中学では「英語は新しい科目」です。

中学「数学」の基盤は、小学生時代に学習し受験科目でもあった算数です。その学習の経験が財産となります。

しかし、英語に関しては、知識や考え方を「ゼロ」の状態から構築しなければならない科目です。

ここに落とし穴があります。

新しい科目の方が順応がはるかに難しいものです。

順応がうまく行えた生徒には何でもないことが、そうでない生徒にとっては「何か雲を掴むようなモヤモヤ感」があることでしょう。

中学受験

順応の失敗は中学1年の初めの頃から起こります。(途中からということはまず無いといえます。)

私が教室を開設したときから『中学入学準備クラス』を設けているのは、この順応を助けるためです。

もちろん、このクラスは普通の公立の中学に入学することを前提にしたクラスですが、有名私立中学受験を考えていいる生徒さんにも同じような学習が必ずや役に立つはずです。

中学入学準備として事前に英語学習を行っている生徒とそうでない生徒では明暗が分かれることが多いということを、これまでに関わった愛光生が証明してくれています。

順応に失敗しないためのアドバイス

多くの中学受験生は6年になる前後からその取り組みを始めると思います。

その時から英語学習も始めて下さい。1年あれば大丈夫です。

これまで、多くの保護者の方から、「4科目の受験勉強だけでも大変なので、英語まで勉強する余裕がない」という声を聞いてきました。

ご安心下さい。

ハードな学習を想定しているのではありません。

まだ、本格的に英語を学習する必要はありません。

正確に申し上げますと、本格的に勉強をするのは合格してからで十分間に合います。

それまでは、『中学入学準備クラス』とまったく同じ内容でよいのです。

ですから、合格が決まるまでは「中学入学準備クラス」で楽しく英語に慣れ親しんでください。

その時間さえ確保できれば、決して受験勉強の負担にはならないでしょう。

英語学習の土台となるような基本的な訓練をしながらも、気持ちの上では”受験勉強の息抜き”くらいの気持ちでーーーだからといって、決して遊びではなくーーー定期的(週1回)に英語に触れることが大切なのです。

公立の中学に進学する生徒と違うのは、「合格」が決まってからです。

入学までの2ヶ月間は集中的に中学英語を勉強することが望ましいです。

当学院では、これは個人レッスンでの対応になりますが、順応性を高め”弾み”をつけるのにきっとお役に立てると思います。

他の地域の生徒さんは、ここに説明しているようなことをやってくれる教室を近くに探して下さい。

その際、発音学習はネイティブの人たちに通じるレベルである必要があります。

有名私立中学では、ネイティブの先生のクラスもあるからです。

当学院は愛媛県の新居浜市にありますが、中学受験を考えておられる方で近辺にお住まいであれば、お気軽にお問い合わせ下さい。

面談の時間を設けさせていただきます。(ご相談だけを前提にした面談でも結構です。)

 お問い合わせはこちら

ぜひお読み下さい

1
英語の実力をつけるためのアドバイス

保護者の方へ 見かけ上の成績優秀者は実力無き優等生です。 表面的によい成績(90 ...

2
有名私立中学受験生へのアドバイス

入学後の成功は「英語」で決まる! 有名私立中学受験を考えている方は多いと思います ...

3
大学受験のための「英検準1級」取得に関するアドバイス

先日、英検準1級に関する問い合わせをいただきました。 某国立大学の獣医学部におい ...