中学生コース

中学生英語クラス

保護者の方へ

中学に入学して生徒がいちばん興味を持つ教科は英語です。そして,卒業時にすっかり学力の差がついてしまい,好き嫌いの差がハッキリ出てしまうのも---残念ながら---英語です。

英語学習は中学の3年間だけにとどまらず,高校・大学へと続く大切な教科です。

得意教科にするのとそうでないのとでは,これから先,決定的な差が生じるのは当然と言えます。

したがって,この3年間に何としても英語を得意教科にする必要があります。

少なくとも,決して苦手な教科にしてはいけないのです。

英語に本当に自信を持てるようになるためには,表面的な点数だけを追い求めるのではなく,『実力』『応用力』を養うための学習をする必要があります。

つまり,『英語の考え方』を身に付け理屈に強くなることが大切なのです。

当学院で勉強していただければ、どのような生徒も90点台を取れるように致します。

お約束いたします。

最終的には、ほとんどの生徒に英語がもっとも得意な科目、一番好きな科目になってもらえると思います。

ただし、1つだけ条件があります。

単語を覚えることです。単語を覚えない限り高得点は取れません。

家庭での単語学習は保護者の方が責任を持って監督してください。

この1点だけお願いします。

会議 おとなやこども

クラス概要

定 員:最大10名

授業回数:週2回(1時間20分×2回)

対 象:進学校(西高)や有名私立高校への進学を希望し,それに見合う努力をする『向上心』がある生徒。

学院のルール

目 標:

各種のテスト(中間・期末・実力テスト)において,実力の『90点台』を目指し努力する。

実際に,ほとんどの生徒は卒業するまで90点台を維持しています。しかし,大切なのは表面的な点数ではなく,その背景にある実力です。

教 材:

学校のテキストに準拠のワークブックおよび必要に応じて『オリジナルのプリント教材』を利用します。また,練習問題を数多くこなし練習や復習を行う必要がある時には,問題集なども利用することがあります。

音声指導:

英語学習を長い目で見た場合,音声面(発音・リスニング)の学習が極めて重要です。個々の単語の発音練習にとどまらず,文単位での音の流れ・リズムが身に付くように指導します。授業はすべて,多くの教材の主流であるアメリカ英語(発音)で行います。

補 習:

必要に応じてクラス単位で,あるいは個人的に,祝祭日や日曜日を利用して『補習授業』を行うことがあります。補習授業はこちらの判断で行うものであり,「休んだから」などの理由で保護者からの要望に基づき行うものではありません。この点を誤解なきようお願い申し上げます。なお,補習授業は無料です。

授業内容

全体的な授業の流れは概ね次のようになります。

●単語+本文の発音練習

時間に余裕のあるときは,生徒一人一人が自分のペースでパソコンを利用して単語と本文の発音練習をします。時間に余裕のない場合は,音声教材を利用して一斉に発音練習を行います。これにより,発音の矯正とリスニングの力を伸ばすことを目的としています。

●本文の意味の確認

予習を元に新しい単元の本文の意味を発表形式で確認します。

●ポイントの解説+練習

文法などの重要ポイントを学びます。時には,学ぶべきポイントが大きな単元であれば,この段階が複数回のレッスンにまたがることもあります。

●単元のワークブック

「これだけは絶対に身に付けなければならない」必須の学習内容を確認します。

●単語の(練習+)テスト

単元学習直後にその単元の,そして時折復習としてそれ以前の単元の単語をテスト(あるいは練習)します。

●単元全体の復習

学習した内容全体に関して,プリント教材や問題集で再確認を行います。

●単元総合テスト

プリント教材で総合的なテストを行います。これは中間・期末テスト対策にもなります。

●テスト勉強

定期テスト前は,通例,復習をかねてテスト勉強します。

詳細は【面談】にて

これ以上の詳細は『面談』にてお願いします。

このページで概略をご確認の上,

『面談』のご予約を電話あるいはメールでして下さい。

 お問い合わせはこちら

ぜひお読み下さい

1
英語の実力をつけるためのアドバイス

保護者の方へ 見かけ上の成績優秀者は実力無き優等生です。 表面的によい成績(90 ...

2
有名私立中学受験生へのアドバイス

入学後の成功は「英語」で決まる! 有名私立中学受験を考えている方は多いと思います ...

3
大学受験のための「英検準1級」取得に関するアドバイス

先日、英検準1級に関する問い合わせをいただきました。 某国立大学の獣医学部におい ...