頻出の不可算名詞<advice / information>

中学&高校英語・大学受験

<advice>と<information>は、センター試験レベルのテストに繰り返し出題される不可算名詞の双璧と言えるでしょう。

名詞の中には,数えられる名詞に誤解されやすい名詞がいくつかあります。

それらには共通性があって、それは「日本語では数えられる」という点です。

その筆頭は advice ではないでしょうか。

I asked him for an advice.

は間違いです。

I asked him for [some] advice.

のように表現するのがよいでしょうね。

どうしても数えたいときは a piece of などを利用します。

例:Let me give you a piece of advice.(ひとこと忠告させてね。)

advice

「数えられる,数えられない」という発想は日本語にはありませんから,どうしても我々のウィークポイントになりますね。

学習初期の段階ではある程度間違えるのは仕方のないことですが、大切なのは同じ間違いを何度も繰り返さないことです。

advice と同頻度に出題されるのが information です。

これも数えたいときは a piece of などを利用します。

information よりも口語的な語として tip があります。

こちらはなんと数えられる名詞なんですね!!!

本当に日本人泣かせです。

advice, information に加えて,furniture も頻出です。

「家具一点」というふうに数えたいときは,他の2例と同様に a piece of を使いましょう。

この3つの単語が,数えられるか,数えられないか,というポイントでよく出題されるので注意しましょう。

センター試験レベル頻出ポイントです。

さらに,学生だけでなく,英文を書く機会がある全ての日本人にとって要注意ポイントでしょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました