精選必須のことわざ・格言20題(2)

中学&高校英語・大学受験

知らないと損をする「精選必須のことわざ・格言20題」の後半です。残りの10題を紹介します。

英語の諺が出てくると、それに相当する日本語の諺・格言が紹介されていることが多いと思います。

しかし、英語と日本語である諺・格言がまったく同じ意味ということはまずありえないと考えて、両者の違いにも注意しましょう。

単純に暗記するのではなく、日本と英語の類似表現の違いまで理解して初めて正しい学習と言えます。

80c37ea677820c1473ad0396ecdf03df_s

知らないと損をする諺・格言(11~20)

☆ A man is known [judged] by the company he keeps.

【意 味】

「友達を見ればその人が分かる」 「人はつき合う相手[仲間,友達]によって評価される」

また,

「だから友達は慎重に選びなさい」という意味にも用います。

【解 説】

man が元々の形ですが,現在では politically correct という視点から,状況に応じて woman, boy, girl, person なども使われます。company は多義語ですが,この文脈の company は大学入試必須の要注意語義です。

講師

【使用例】

A: “Fred seems like a nice young man.”
「フレッドはいい青年のようですね」
B: “I wonder. One is known by the company he keeps, you know.”
「どうでしょう。友達を見ればその人が分かるって言いますからね」

【補 足】

この諺からできた言い方に,(You can) judge [tell] a man by the company he keeps があります。

「つき合う仲間によってその人を判断[評価]する,交際相手を見ればその人物が分かる」という意味です。

Don’t make any promises until you meet his colleagues. You can judge a man by the company he keeps.
(彼の仕事仲間に会うまではどんな約束もするなよ。つき合う仲間によってその人物が分かるんだからな)

☆ Where there’s a will, there’s a way.

【意味】

「意志あるところに道あり,意志あるところに道は開かれる」

日本語の類似表現として,「精神一到何事か成らざらん」があります。

【解 説】

単に前向きな姿勢を表し悲壮感などは含まれないところが,「精神一到何事か成らざらん」との違いでしょうか。

講師

☆ Art is long, life is short.

【意味】

芸術は長く,人生は短し

【解 説】

古代ギリシャの医者ヒポクラテスのことばで,この art の元の意味は「技術」「医術」の意味であり,「医術の習得には長い時間がかかる」が原義です。

講師

現代では,「芸術は長く,人生は短し」と訳されますが,英米でも「芸術はそれを創造した人の死後も長く残る」という意味で使われているそうです。

講師

原義に近い日本語の表現は,「少年老い易く学成り難し」でしょうね。

講師

☆Man cannot live by bread alone.

【意味】
人はパンのみにて生くるにあらず

【解 説】

聖書に由来する表現で,「人には精神的な満足も必要だ」ということ。Man [People] cannot [does not] live by bread alone.のように多少の変化があります。

【使用例】
Man cannot live by bread alone. He needs more than the material things of life to make him happy.
(人はパンのみにて生くるにあらず。幸福になるには,日々の生活物資以上のものが必要だ)

Man does not live by bread alone. He requires spiritual nourishment as well.
(人間は食べ物だけで生きられるわけではない。心の糧も必要だ)

☆Don’t count your chickens (before they are hatched).

【意 味】

取らぬ狸の皮算用

【解 説】

この hatch は「孵化する」の意味。「孵化する前から雛の数をかぞえてはいけない」という決まり文句。狸が鶏にかわっただけで発想はまったく同じですね。before they are hatched の部分は before they hatch / until they are hatched とも表現するようです。

講師

日英で発想がとても似ている例ですね。受験生はこの「ことわざ」がきっかけで hatch を覚えます。

講師

☆ Birds of a feather flock together.

【意 味】

類は友を呼ぶ| 同じ穴のむじな

【文法チェック】

birds of a feather の a は the sameの意味。例えば all of a mind は「みな同じ心」ということ。

【解 説】

共通の趣味・価値観を持つ者どうしは自然に集い仲良くなるものである,という意味です。日本語の方は悪いニュアンスで使うことが多いように思います。英語では,この表現は必ずしも悪い意味とは限りませんが,悪いニュアンスで使うことも珍しくはありません。

講師

【使用例】

A: ”When Bob, Mary and Jack get together, all they talk about is computers.”
「ボブとメアリーとジャックが集まると,話すのはコンピュータのことばかりだよ
B: ”Well, you know the old saying, ‘Birds of a feather flock together.’”
「うん,『類は友を呼ぶ』って言うからね」

Politicians, regardless of party, are birds of a feather—more interested in votes than wise legislation.
(政治家というのは,所属政党がどこであれ,同じ穴のむじなだよ。いい法律を作ることより選挙の票のほうが気になるんだから。)

☆Out of sight, out of mind.

【意味】
去る者は日々に疎し/目に触れなくなると忘れ去られる

※直訳すれば「視野から去れば心[頭]から去る」。古代ギリシャの詩人ホメロス(Homer)の言葉。

【解 説】

日本語のことわざと違って英語表現の方は人だけでなく物にも使えます。人に対して使う場合は,傾向としては主に男女の人間関係について使うことが多いので,日本語よりは使う状況が多少限られるようです。注意しましょう。

【使用例】
They say that absence makes the heart grow fonder, but if you ask me it’s more often a case of out of sight, out of mind.
(「離れているとより思いは募る」というけれど,私に言わせれば,「去る者は日々に疎し」ということのほうが多いわよ。)

☆Do as you would have them do to you.

【文法チェック】
have は使役動詞で第5文型(SVOC)をつくっています。

【意味】
己の欲するところを人に施せ

【解説】

新約聖書にあるキリストの教え。一方,孔子は「己の欲せざるところは人に施すなかれ」と説いたと聞いている。東西の価値観の違いが表れているこの対比はあまりにも有名。

講師

☆You can take a horse to water, but you cannot make him drink.

【意味】
馬を水際まで連れて行けても水を飲ませることはできない

【解説】

「いくらチャンスを与えても本人にその気がなければどうしようもない」という意味。教育関係者には実感の表現ではないでしょうか。

【使用例】
I’ve learned that you can lead a horse to water, but you can’t make him drink. Take my son, for example. We’ve provided all the best educational opportunities for him, and still he refuses to study.
(本人にその気がなければどうしようもないことが,長年の経験から私には分かっている。例えば,うちの息子だ。やつにはまたとない教育の機会をさんざん提供してやったというのに,依然としてまるで勉強しようとしない。)

☆Man does not (People do not) live by bread alone.

【意味 】

人はパンのみにて生くるものにあらず

【解説 】

人生を歩むには精神的な目的(糧)も必要だ,という教えです。

講師

コメント

タイトルとURLをコピーしました