精選必須のことわざ・格言20題(1)

   

現代国語のテストでも諺・格言や四字熟語が直接的にも間接的にも出題されるように、英語のテストにおいても「諺(ことわざ)・格言」の類は重要です。

ことわざ

英語のテストに出てくる諺・格言は大きく2種類に分類されます。

1つは”一般常識”として知っているのが当たり前の表現であり、もう1つは難易度が高く文章の中で補足説明されるのが通例である表現です。

ここでは前者に分類される諺・格言から、「知らないと損をする」表現を20選んだものを前半(1)と後半(2)に分けて紹介します。

諺・格言には文化と価値観が表れる

一般に、英語の辞書などで簡単に説明されている場合は、類似性のある日本語の諺・格言を並べることで解説に換えている場合が多いようです。

しかし、英語と日本語である諺・格言がまったく同じ意味ということはまずありえません。

諺・格言にはその言語の文化的要素や価値観が見て取れることが珍しくないからです。

日本と英語の類似表現の違いまで知るのが正しい学習です。

そういう意味においても、諺・格言を学ぶことは意義深いと考えます。

ついでながら、大学受験生に必須の諺・格言は,中級以上の一般の英語学習者も覚えていたら知性と教養となり,きっと幸せになれると言えるでしょう。

諺

知らないと損をする諺・格言(1~10)

☆ It is no use crying over spilt milk.

【意 味】

「こぼれたミルクのことを嘆いても始まらない→ 覆水盆に返らず

There’s no use crying over spilt [spilled] milk. とも表現します。

【解 説】

日本語のことわざ「覆水盆に返らず」よりも前向きで,「嘆いても無意味だから次の策を考えよう」というポジティブな姿勢が示唆されています。

講師

【使用例】

It’s no use crying over spilt milk. The deed is done.
(覆水盆に返らず。もう起きてしまったことだ)

It’s too bad that we failed, but there’s no use crying over spilt milk.
(失敗したのは残念だけど,済んだことを悔やんでも始まらない)

There’s no use crying over spilt milk. We’ll just have to accept our failure and make the best of it.
(起こってしまったことを悔やんでも仕方ない。自分たちの失敗を認めて,何とか頑張るしかない)

☆ Time flies.

【意 味】

「時は飛ぶように過ぎ去る → 時のたつのは早いもの/光陰矢のごとし

【解 説】

日本語の「光陰矢のごとし」と違って,日常のちょっとしたことに,あるいは短い時間に対しても使うことが多いようです。

講師

How time flies! とも言います。

Time flies like an arrow. というのは「光陰矢のごとし」から日本人が考案したと言われていて,正しくない言い回しです。

【使用例】

Time flies when you are enjoying yourself.
(楽しいときには,時間はあっという間に過ぎ去っていく)

Six o’clock already! My, doesn’t the time fly!
(もう6時! おやまあ,時間はなんて速く過ぎるんでしょ!)

It’s hard to believe we’ve been married ten years already. I guess when you’re in love, time flies.
(私たちが結婚してもう10年経ったなんて信じられないわ。愛していれば時間はあっという間に過ぎるのね)

☆ A rolling stone gathers no moss.

【意 味】

「転石苔むさず」

【解 説】

「職業を転々とする人は成功しない」が本来の意味ですが,「活動的な人は常に清新である」という肯定的な意味が特にアメリカでは一般的です。おそらく社会的流動性(social mobility)が高いことが背景にあるのでしょう。

講師

【使用例】

会話では,この諺そのものを完全な形で言うことは実際にはそれほどなく,主に下記のような使い方をします。

I love you Fred, but I don’t want to marry a rolling stone.
(愛してるわ,フレッド。でも,腰の落ち着かない人とは結婚したくないの)

Bill is a rolling stone who wants freedom more than possessions or responsibility.
(ビルは腰の定まらない男で,財産や責任ある立場より自由を望んでいる)

In my youth, I was a rolling stone. Not until I met Sue did I settle down and begin to gather some moss.
(ぼくは若いころ,根無し草だった。スーに出会うまでは,腰を落ち着けて一社会人として責任を負うようなことはなかった)

☆ Never look a gift horse in the mouth.

【意 味】

「もらい物にけちをつけるな」

【解 説】

馬は歯を見ればその年齢や健康状態が分かるそうですが,そこからきている表現のようです。

講師

【使用例】

A: “This is a nice scarf Jim gave me, but I wish it were a darker color.”
「ジムがくれたこのスカーフはすてきだけど,もっと濃い色がよかったわ」

B: “Don’t look a gift horse in the mouth. I’d be happy if a boy gave me any scarf.”
「もらい物にけちをつけちゃいけないわ。私だったら,男の子からスカーフをもらえるなら,何だってうれしいわ」

☆ It never rains but it pours.

【意 味】

「降れば必ず土砂降り⇒悪いことは重なる/二度あることは三度ある

【解 説】

文字どおりの意味で使うこともありますが,普通は,「不幸や災難などが一度にやって来る」の意で比喩的に使われます。

講師

【使用例】

A: "Raining pitchforks, isn’t it?"
「ひどい降りだね」
B: "Yes, recently it seems it never rains but it pours."
「うん、近頃は、降るたんびにどしゃ降りだ」

A: “We are having so many difficulties now.”
「私たち,今は,ずいぶんとたくさんの問題を抱えているわね」
B: “Yes, it never rains but it pours.”
「ああ,悪いことは重なるものだな」

First I lost my job. Then my wife caught pneumonia, and as I was going to visit her in the hospital, I fell down and broke my leg. Now I know what they mean when they say it never rains but it pours.
(まず、私が失業した。次に、家内が肺炎を起こし、病院に見舞いに行こうとしたら、転んで足の骨を折ってしまった。悪いことは重なるものだというけれど、本当ですね)

☆ Barking dogs seldom bite.

【意 味】

「吠える犬はめったに噛まない」

【解 説】

よくほえる犬が実際には人をかむことが少ないので恐れる必要がないのと同様に,大声を張り上げて人を威嚇する人も恐れる必要はない,という教えです。時として,A barking dog seldom bites.のように dog を単数形で使うこともあります。

講師

【使用例】

Our neighbor’s dog is very noisy, but I don’t think it’s dangerous. After all, barking dogs seldom bite.
(隣の犬はたいそううるさいが、危険はないと思うよ。しょせん、吠える犬は噛まぬだよ)

I wouldn’t worry about your landlord’s threats. Barking dogs seldom bite.
(きみ、家主の脅しなど心配しなくていいよ。吠える犬は噛まぬさ)

Sure they’re angry, but let them yell. After all, barking dogs seldom bite.
(確かに連中は怒ってるよ。でも、怒鳴らせておけばいいじゃないか。しょせん、吠える犬は噛まぬものさ)

☆ The early bird catches the worm.

【意 味】

「早起きの鳥は虫を捕まえる⇒早起きは三文の得

※英語の方は日本語の諺よりも幅広い意味で使われます。下記の【解説】をご覧下さい。

【解 説】

an early bird という表現があり,「早起きの人」,場合によって「早く来る人,物事を早くやる人」という意味です。したがって,「早起きの人は得をする」という意味で使う場合(=日本語の諺)と,「早く行動した者が有利になる」という意味の場合があります。後者の意味では,「先んずれば人を制す/早い者勝ちだ」に相当するでしょう。大学受験では前者の意味で出てきます。

講師

【使用例】

I always get up at five-thirty. I believe in the old saying, “The early bird catches the worm.”
(ぼくはいつも5時半に起きる。「早起きは三文の得」という昔からの格言を信じているんだ)

My appointment isn’t until three, but I plan to get there an hour early. The early bird catches the worm, you know.
(約束は3時だが,1時間早くそこへ行っているつもりだ。先んずれば人を制すというわけさ)

A: “How come you got such good seats?”
「どうやってそんないい席を手に入れたんだい?」
B: “Haven’t you heard? The early bird gets the worm.”
「聞いたことないの? 先んずれば人を制すって」

☆ There’s no accounting for taste(s).

人を主語にして,

You can’t account for taste(s).

のようにも言います。

【意 味】

「人の好みは説明のしようがない⇒たで食う虫も好きずき

好き嫌いというものは人によってさまざまで議論にならないし,合理的な説明もつかないものであるという意味の諺です。

ちなみに,「蓼(たで)」というのは,シダ科の植物で葉は口に苦いそうです。そんな苦い葉を食べるものはまさかいないだろうと思うと,あにはからんや,美味しそうに食べる虫がいるのです。

人の好みも同様に,種々様々であり理解しがたいというところから上記の日本語の諺が生まれたのです。

tastes の代わりに,preferences を使う言い方もあります。

さらには,

Tastes differ.

という類似表現もあります。

【解 説】

There is no …ing は「…できない」という意味の動名詞構文であり,account for … は「…の理由を説明する」という意味の句動詞です。

講師

【使用例】

A: "Why did she ever marry a man like that?"
「彼女は何であんな男と結婚したんだろう」
B: "There’s no accounting for taste."
「たで食う虫も好き好きさ」

A: “How can he drink that cheap port wine every day?”
「あいつ,あんな安物のポートワインをよく毎日飲めるな」
B: “Well, as you always say, there’s no accounting for taste.”
「まあ,よく言うじゃないか,たで食う虫も好き好きって」

You can’t account for tastes. I’ll never understand why a refined woman like Bea wears those loud dresses.
(好みは人さまざまだ。ビーのような洗練された女性がどうしてあんなけばけばしい服を着るのか,私には一向に分からない)

A: “Jack says he likes jam and olive sandwiches.”
「ジャックはジャムとオリーブのサンドイッチが好きなんだって」
B: “Well, there’s no accounting for preferences.”
「へえ,人の好みはさまざまだね」

☆ A friend in need is a friend indeed.

【意 味】

まさかの友こそ真の友」

説明の必要もないと思いますが,「逆境に陥って本当に助けを必要としているときに助けてくれる友こそ本当の友である」という意味です。

【解 説】

だれでも知っている諺なので,会話などでは前半のa friend in need のみで使うことが多いです。in need と indeed が「韻」を踏んでいるので語呂がよく感じられますね。

講師

類似表現に,【Prosperity makes friends, adversity tries them.(繁栄は友をつくり,逆境は友をためす】という諺もあります。

講師

ちなみに,”a fair-weather friend”という表現があって,「晴天の時の友達」が直訳で,「いざという時に頼りにならない友/都合の良いときだけの友」という意味です。

講師

【使用例】

After my accident, she showed herself to be a friend in need.
(事故のあと,彼女はまさかの時の友は真の友であることを示してくれた)

☆ God [Heaven] helps those who help themselves.

【意 味】

天は自ら助くる者を助く

「神頼みする前に自助努力せよ」ということ。

【解 説】

God を使うほうが Heaven よりも普通。【help oneself】は「困難や苦境を切り抜けようと自ら努力する」という意味です。【those who】は「the people who」の意味をあらわす熟語的な表現です。

講師

【使用例】

I don’t believe in doing nothing but praying. God helps those who help themselves.
(祈るだけで何も手を打たないというのはいただけない。天は自ら助くる者を助く,だよ)

後半に続く

ぜひお読み下さい

1
英語の実力をつけるためのアドバイス

保護者の方へ 見かけ上の成績優秀者は実力無き優等生です。 表面的によい成績(90 ...

2
有名私立中学受験生へのアドバイス

入学後の成功は「英語」で決まる! 有名私立中学受験を考えている方は多いと思います ...

3
大学受験のための「英検準1級」取得に関するアドバイス

先日、英検準1級に関する問い合わせをいただきました。 某国立大学の獣医学部におい ...

 - 中学&高校英語・大学受験, 諺(ことわざ)・格言